ベルハウスNews

お宮参りの赤ちゃんの服装はベビードレスが人気です

フォーマル子供服レンタルのベルハウスです。
お宮参りは、通常では赤ちゃんの生後1カ月の時期に行います。

image4.jpeg

日本の正式な服装は和装なのですが、和装には手間がかかります。
赤ちゃんが生まれてから1ヵ月の時期なんて、お父さんもお母さんも大忙しのはず。
お宮参りでは家族の服装はそろえるものですから、赤ちゃんに和装を着せるのは中々に骨が折れます。

そのため近ごろでは、洋装でのお宮参りも当たり前となっています。
その場合に、赤ちゃんが着る子供服が、ベビードレスというものです。

ベビードレスのメリット

 

ベビードレスのメリットは、なんといっても着せるのが簡単なところ。いつものベビー服の上から、簡単にすっぽりと着せることができます。忙しい時間をぬってのお宮参りだとしても、赤ちゃんの服装をスムーズに準備することができます。

 

ベビードレスの主流

image3.jpeg

ベビードレスの主流は、白レースで出来たものです。お宮参りは、氏神様へのご挨拶の意味がある行事ですので、誰がみてもフォーマルな印象を抱く純白のものが好まれます。

赤ちゃんの性別に特化したベビードレスもありますが、男女問わず着られるものがほとんどです。

服の内側の素材は、敏感な赤ちゃんの肌にも優しいように、きちんとしたものであればガーゼ素材が用いられています。しっかりと確認をしておきましょう。

冬場は、ベビードレスのうえにケープをかけてあげると寒さ対策にもなりますし、フォーマル感もぐっとアップします。

 

ベビードレス選びの要注意ポイント

 

ベビードレスには、普段のお洒落シーンでも使えるように、特別感をおさえたものもあります。
何かとお金のかかる出産直後ですので、ベビードレスを購入する場合には、それはそれで賢い選択でしょう。

しかしお宮参りの後には、せっかく家族そろって正装したのですから、記念撮影がつきものです。誕生の喜びがつまったお宮参りの記念写真は、お父さんやお母さんだけでなく、本人も見返すことになるでしょう。

特別感をおさえたベビードレスだと、写真から得られる印象も薄れてしまいます。節約志向でいきたいのなら、ベビードレスを購入するのではなく、いっそのことレンタルを活用してみてはいかがでしょう?
 

ベルハウスのベビードレス

 

image5.jpeg

▲ベルハウスのベビードレス

 

フォーマル子供服レンタルのベルハウスでは、ベビードレスのレンタルも行っています。

色は、白は白でも落ち着いた印象のあるオフホワイトです。派手過ぎない花のレース柄になっており、フォーマルにふさわしい装いを整えることができます。内側の素材も、もちろん安心できるガーゼ素材。フードやよだれかけといった小物も料金に含まれています。別途料金となりますが、ケープもご用意していますので、そちらも合わせてご覧ください。

レンタルご利用日まで一週間以上の余裕が有る場合には、試着サービスもご利用いただけます。家族そろってフォーマルな装いをする喜びが、より多くの人に伝われば幸いです。